検索

「青少年健全育成条例(東京都)」

用語解説

青少年健全育成条例とは、青少年の健全な発育に悪い影響を与えると考えられるものに対して規制をかける条例である。パチンコ店への入店規制や過激な性的表現のある本(いわゆるエロ本)の閲覧・購入規制、また過激な暴力シーンを伴う映像などへの規制もこの条例を根拠としてなされている。東京都ではこの青少年健全育成条例の対象として軽微な性的表現を持つマンガを加えようとして、全国的に物議をかもした。青少年健全育成条例によって青少年の健全な心の育成を助けることができると考えられているが、過度な条例の適用によっていわゆる「表現の自由」が規制される可能性をも内包している。

関連するリンク

ここに表示するものはまだ何もありません
新しいリンクを提案する

この問題に対する意見

真に子どもを守ろうとするならば、子どもが人権・権利の享有主体であることを確認した上で子どもの人権侵害のおそれのある行為・社会事象をどう防止し子どもの人権をよりよく保障するかという視点が必要。(2010.5.21「東京都青少年の健全な育成に関する条例」の一部改正に関する会長声明)
utsunomiya_word/投稿日:2019-05-22
子どもたちがインターネットを正しく利用できるように教育することや、性に関する問題を教育することは、本来、保護者の役割であり、みだりに公権力が介入すべきではない。(2010.5.21「東京都青少年の健全な育成に関する条例」の一部改正に関する会長声明)
utsunomiya_word/投稿日:2019-05-22
東京都知事は「東京都青少年の健全な育成に関する条例の一部を改正する条例」を東京都議会に上程し審議予定であるが、当連合会は、本条例案に反対する。(2010.5.21「東京都青少年の健全な育成に関する条例」の一部改正に関する会長声明)https://t.co/XWC6fBtDeh
utsunomiya_word/投稿日:2019-05-22


インターネット上の投票

この問題に賛成ですか?反対ですか?

意見を書く

このトピックに対する賛成度: